信用 判断

どうやって信用を判断するのか

クレジットカードはあなたの信用に基づいて利用できるしくみです。
逆にあなたに信用がなければ利用することはできません

 

 

審査で信用があるかどうかを判断している

 

クレジットカードの申し込みをすると必ず審査を受けなければなりません。
ルールを守って利用、返済してくれるかどうかを見極めるためです。

 

たいていの場合、審査結果が出てクレジットカードが発行されるまで1〜3週間ほどかかります。
結構時間がかかると感じますが、カード会社はそれだけ時間をかけて慎重に審査しているということなのです。

 

 

審査の手順

 

虫眼鏡

  1. 申込書の内容をチェック
  2. 取引履歴をチェック
  3. 個人信用情報をチェック
  4. 審査結果を決定

 

申込書に記入された各項目を確認します。
その後、連絡先へ電話し本人の意思確認がとれたら自社の利用実績を確認します。
過去に度重なる滞納や審査に落ちた記録があると審査が厳しくなります。
自社の記録だけでは分からない部分については、申込者の個人信用情報を照会して確認します。
これらの内容を総合的にみて合否を決定します。

 

 

審査で見られるポイント

 

審査基準は各社異なり公表されていないため詳細は不明です。
一般的に次のようなことが審査で主に見られているといわれます。

 

貯金箱

【資力】継続した収入が見込まれるかどうか
【性格】お金に対して実直か=ちゃんと返済するか
【資産】返済できないときの担保があるか

 

資力を見るポイントとしては収入や勤務先、雇用形態、勤続年数などです。
性格は、今までのクレジットカードやローンなどの利用・返済実績や、申込書に記入された内容に偽りがないか家族はいるか(逃げない)なども見られています。
資産は、年収、持ち家か賃貸かなどです。