クレジットカード 審査 落ちる理由

クレジットカードの審査に落ちる理由

クレジットカードを利用するために通らなければならない入会審査。

 

もし落ちてもカード会社は決して理由を教えてくれません。
教えてしまうと対策を取されてしまい正しい審査ができなくなってしまうからです。

 

した

ということは、、審査に通るためには落ちる理由が分かればいいのです。

 

 

 

 

◆申込基準を満たしていない
クレジットカードによって違いますが入会資格や申し込み対象などという申し込みできる人の基準を設けているものがあります。申し込む前に必ず確認してください。

 

◆間違った申告
申し込みの際に申告する内容は、住所・氏名・勤務先・年収・他社への借り入れ等々と結構あります。
できる限り正しく記入することが大切です。
年収や借入額は偽りたくなってしまいますが、現実とあまりに差があると審査に落ちる原因になります
また、手書きで記入するときは丁寧に書きましょう。

 

◆審査基準に満たない
年齢・年収・勤務先・勤続年数・家族構成・住居形態などに点数付けをしてその合計点で審査をする方法が用いられています。
この合計点が各社が設けている基準を満たしていないと審査に落ちてしまいます。

 

◆他でたくさん借入している
他社からの借り入れが多額で返済能力ぎりぎりだと判断されるときは、返済が滞っていなくても審査に通りにくいでしょう。

 

◆個人信用情報に事故情報
過去に債務整理などをしたりして個人信用情報に事故情報が登録されていると審査には通らないケースがほとんどです。
最近はスマホ機器の分割払いを延滞して事故情報が載ってしまう事例が話題になっていますので気をつけましょう。

 

 

審査に通りやすいクレジットカード

 

グラフ

クレジットカードの審査基準はカード会社が独自に決めていますので各社で差があります。
審査が不安で申し込みを迷っているのなら、ACマスターカードなどの審査が柔軟なクレジットカードを選ぶと良いでしょう。
ACマスターカードで健全な利用実績を積めば、他のクレジットカードの審査に有利になります。