ACマスターカード 審査 コツ

ACマスターカードの審査に通るコツ

フリーターや学生、主婦でも申し込むことができ審査が柔軟だと評判のACマスターカードですが、必ず審査に通るというわけではありません。

 

申し込み資格に当てはまらない年齢のひと(20歳未満or70歳以上)や、収入がないひとは申し込んでも通りません。

 

申し込み資格をクリアしていることが確認できたら次のような審査対策をしましょう。

 

バツ

◆申告内容に間違いや虚偽はダメ
申込書にある項目はできる範囲で埋めるのが基本です。
申告しづらい年収や他社への借入額についても実際とかけ離れていると信頼がなくなり審査に落ちる原因になります。
申し込み前に間違いやウソがないかをチェックしましょう。

 

◆勤続年数はちょこっと上乗せ
勤続年数については4年8か月を5年と書くくらいは許される誤差です。
審査にプラスに働くこともあります。

 

◆希望借入額は少なく
キャッシングの希望額は必要最低限にしましょう。
使わないのに欲をだしてもいいことはありません。
審査に通って利用し始めてから枠を増やすことも可能です。

 

電話

◆連絡先に固定電話
連絡先は携帯電話の他に固定電話があれば記入しておきましょう。
固定電話が連絡先にあると信用が増し審査に有利に働きます。

 

 

上の様な対策を取っても落ちてしまうこともあります。
その理由は状況によってさまざまですが、心当たりがあるのならその原因を取り除いてから申し込みをされることをお勧めします。

 

今まで返済などの滞納がなく安定した収入があるのならぜひチャレンジしてみてください。